スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショパンに負けそう・・・

11月にショパンのピアノコンチェルトの1番を弾きます。
で、ちょっとずつ練習をしてるんですが。


めげそうです。。。




いや、コンサートは決まってるから、
めげるわけにはいかないんだけど。


使用してるのはパデレフスキー版の2台ピアノの楽譜。
音の数が多いからか、
見開きで6段分しかない。
しかも、ショパンさん。
ピアノの詩人というだけあって、
ピアノパートに気合いいれすぎ!

どこまでページめくっても、
休憩ポイントがでてこない(T_T)


はぅぅぅぅ。

聴いてるぶんには、すばらしくいい曲なんだけどね~。

あ~この進まなさ具合いがもどかしい!
スポンサーサイト

<< ショパン 練習の記録(1) | ホーム | おいしいもの大好き >>


コメント

No title

僕はいつもどおり見やすいヘンレ。
1つ気になったのはオケ譜を見たときに、大きななフレーズの終わりに出てくるトリルがピアノ譜と違う。どう弾いたらいいのか教えてください・・・

具体的にどんな感じなんですか?
たぶんソロ譜でも、版によって違うところがありますよね。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。